TOP / 業務効率化エッセンス

Excel(エクセル),Access(アクセス)セミナー

 

Excel(エクセル)とAccess(アクセス)

Excel(エクセル)とAccess(アクセス)のどちらを使うのか?

Excel(エクセル)は2007で100万行まで使えるようになりました。ですが、結局は1万行がくらいをすぎると、処理に時間がかかるようになります。 それから、複数の人が共有することに向きません。


つまり、エクセルは1万行くらいまでのデータ処理、それから一人で使う場合に適するといえます。


Excel(エクセル)は計算をするためのソフトです。

Access(アクセス)で抽出したデータをExcel(エクセル)でレポーティングするといった使い方は、お互いの利点を活かした非常に良い使い方だといえます。

 

 

 

Excel(エクセル)、Excel VBA ならBIT-A 。まずは、アドバイザーに御社の課題をご相談ください。お見積もりは無料です。BIT-Aは、システム開発を企業の課題を解決するための手段と位置付けています。 企業・業務の課題をヒアリングした上で、最速でシステムをご提供します。まずはお気軽にご相談ください。

ビジネス IT アカデミー 連絡先 :03-6206-0614

1

page top