TOP / 業務効率化エッセンス

Excel(エクセル),Access(アクセス)セミナー

 

Excel(エクセル)の関数を使った効率化

もし、A1のセルがブランクだったら、ブランクそれ以外はa1×100といったように使うことが多い関数です。

たまに、IFの関数の入れ子を繰り返しているものをみます。これは、VLOOKUPが適することが多いので、試してみることをお勧めします。

それから、場合によっては、IFとISERRORの組みあ合わせが有効な場合もあります。ISERRORとは、計算結果がエラーである場合はTRUEを返す関数です。

IFと組み合わせることで、エラーの場合は処理A、エラーではない場合は処理Bとするわけです。 エラー表示が芳しくないレポートなどで良く使います。

 

 

Excel(エクセル)、Excel VBA ならBIT-A 。まずは、アドバイザーに御社の課題をご相談ください。お見積もりは無料です。BIT-Aは、システム開発を企業の課題を解決するための手段と位置付けています。 企業・業務の課題をヒアリングした上で、最速でシステムをご提供します。まずはお気軽にご相談ください。

ビジネス IT アカデミー 連絡先 :03-6206-0614

1

page top